小嶋陽菜の性格「セクシーな目で見られることも仕事の一部」

小嶋陽菜写真集『女の子の神様』 (タレント・映画写真集)

最近のこじはるは「色気」を求められることが多いという。

露出度の高い衣装を着ることが多い小嶋陽菜自身の本音を、雑誌で語っていた。

セックスシンボル的な存在として扱われることを、本人はどう思っているのか?

MAQUIA 2018年4月号の「こじペディア」のテーマは「SEXY(色気)

いつからかセックスシンボル的な存在になりつつある、こじはる。当の本人はそのことをどう受けとめているのか?正直な心の内を、直撃してみました。
MAQUIA 2018年4月号

……ということで、小嶋陽菜の本音を引き出している。

“自分では色っぽさをまったく認識していない”と笑う小嶋陽菜

小嶋陽菜自身は、色っぽさをまったく認識していないとのこと。

確かに人よりも露出度の高い衣装で表舞台に出ることは多いですが、自分では色っぽさを全く認識してなくて(笑)。色気って無意識に醸しだされるものだと思うから、客観視できないものなのかも。MAQUIA 2018年4月号

小嶋陽菜にとっては「セクシーな目で見られることも仕事の一部」

小嶋陽菜は、肌を露出したり、セクシーな目で見られることに特別な抵抗はないという。

肌を露出したり、セクシーな目で見られることに特別な抵抗はないです。それも仕事の一部だから。

男性向けのグラビアもやるけど、女性誌でもわりと露出を求められることが多くて、それってアートとして捉えられているのかなと思うと素直に嬉しい!

私、ランジェリーや水着が自己表現の手段としていちばんしっくりくるんです。簡単と言うか、女性を象徴するものだから、服やメイクよりもイメージが作りやすい。だからそういうお仕事に抵抗がないのかな。
MAQUIA 2018年4月号

ランジェリーや水着が自己表現の手段としていちばんしっくりくる」と語っているのは、独特の感性かもしれない。

「水着の仕事が嫌」というアイドルが多い中、「簡単」とさえ言い切ってしまう、潔さ。

露出の多い仕事の前は炭水化物抜き&焼き芋でダイエット

記事内では、露出の多い仕事の前に小嶋陽菜が行うダイエットについても、触れている。

露出の多い衣装を着るお仕事が決まったら、撮影の一週間前くらいから食事に気をつけます。炭水化物を抜いて、夜は極力食べない。絶食とかは出来ないから、本当にゆる〜く(笑)。最近は小腹がすいたらUberEATSで頼める焼き芋を食べてます。食物繊維が豊富だし、満足感もあってオススメのダイエット食!
MAQUIA 2018年4月号

MAQUIA 2018年4月号


この記事をシェアする