水原希子の胸「Ravijourのパッド入りブラジャーで谷間・バストが大きくなるクリーム」

ViVi(ヴィヴィ) 2017年 10 月号 [雑誌]

今月号の美的の表紙を飾っていた水原希子、今月はViViの表紙にも登場。

主演映画「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の役作りについてなど、読者からの質問に答えている。

役作りで実際にバストが大きくなったと語る水原希子

「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」の中で、モテ子・あかりを演じている水原希子。

「役作りで努力したことは?」という質問に、次のように答えている。

「まずは見た目!街中のヘアスタイルを研究してると、茶髪・前髪あり・ボブの女の子が多くて。

なのでアイコンだったボブヘアを変えて、モテ子ヘアにチェンジしました。髪型が変わると見た目が変わるからか、心も変わった気がする!

それから、モテ子といえばバストも大事かなと(笑)Ravijourのパッド入りのブラジャーを愛用して谷間を作ってみたり、胸が大きくなるクリームを塗ってマッサージしたり、お風呂上がりはボディクリームをたっぷり塗って徹底的にモテ子っぽいことをやってました。

そしたら実際に大きくなったの!努力すれば理想の大きさに作れるんだって思いました」
ViVi 2017年10月号

これから水原希子が挑戦したいのはレズビアンの役

「これから挑戦したい役は?」という質問には、「同性愛のお話をやってみたい」と答えている。

「同性愛のお話をやってみたいです。レズビアンの役とか、とても興味があります。

ビジュアルが美しい映画もやってみたいし、私みたいなハーフの子役で、幼いころからの生き方を描き出してみたい。そのうち作品を撮る側にも回ってみたい!」
ViVi 2017年10月号

母親に褒めて育てられた水原希子

「母親にどうやって育てられたの?」という質問には、いつも「希子ちゃんが一番かわいいよ」と褒めて育ててくれたと答えている。

「ずっと母は褒めてくれたし、一番の私の味方だった。『希子ちゃんがー番かわいいよ』って育ててくれた。厳しい母ではあったけど。

小さいときはハーフゆえの嫌なこともいっばいあったから、いつでも味方でいてくれることがすごく嬉しかったな」
ViVi 2017年10月号

妹の水原佑果と最近けんか

妹の水原佑果との姉妹げんかについて問われると、「自分の経験からのアドバイスのしすぎで最近けんかをした」と明かしている。

「ほんとに最近、今までで一番大きな喧嘩をしたの。もう仲直りしたけどね。

佑果ちゃんが悪いわけじゃなくて、私が自分の経験からのアドバイスをし過ぎたからで。で、佑果ちゃんに遅めの反抗期がきたの(笑)」
ViVi 2017年10月号

ViVi 2017年10月号

おすすめ記事


この記事をシェアする