相葉雅紀 毎朝ランニングして神社へ 横山裕の家で手巻き寿司を食べ 風邪を引かなくなった

嵐 「LIVETOUR Are you Happy?2016」 公式グッズ ポスター (相葉雅紀)

『貴族探偵』で主演を務める相葉雅紀。

20代の頃は起伏が激しかったが、30代になって穏やかになったと語っていた。

日課のランニングの神社参り

相葉雅紀は、30代になってから、心と体のバランスが整ってきたそう。

そのために大事にしているのが、“朝のルーティンワーク”なのだそう。以下引用。

「朝起きて筋トレのような運動をしてからランニングをして、神社に立ち寄るんです。

何をお願いするというわけではないんですけど、すごく気持ちが整いますね。

それを日課にしてから心が安定しているし、毎日気持ち良く過ごせていると思います」
クロワッサン 2017年5月10日号948号 | P16]

成功している人は、なぜ神社に行くのか?」という本があるくらいなので、相葉雅紀も、成功者の習慣があるということ。

成功している人は、なぜ神社に行くのか?

「横ちゃんの家に手巻き寿司セットを持ち込んで……」

さらに、30代になってから、“食べるものの大切さ”を実感するようになったのだとか。

以前は肉ばかり食べていたし、外食がほとんどだったんですが、最近は自分で作って食べることも増えました。

魚のおいしさにも目覚めて鯖の塩焼きを作ったり、野菜もきちんと摂ります。

友だちとご飯に行くときも、家で鍋をしよう、みたいなことが増えました。

昨日も関ジャニ8の横ちゃん(横山裕さん)の家に手巻き寿司セットを持ち込んで、一緒に食べたばかり。
クロワッサン 2017年5月10日号948号 | P16]

食べ物に気を遣うようになったことで、「風邪を引かなくなった」という。

そして、「食べ方って生き方に近い」という名言も。

家だといろいろな食材をバランス良く食べられるのがいい。

そうやって食べ物に気を使いだしたら、風邪をひかなくなったんです。

やっばり食べ物が体を作っているんだと実感します。

食べ方って生き方に近いですよね。

何を選び、誰と、どんなふうに食べる時間を過ごすか。

生きる上でとても大切なことです。
クロワッサン 2017年5月10日号948号 | P16]


この記事をシェアする