タモリ・妻夫木聡・福山雅治・ローラの共通点は、お風呂で体を洗わないこと

お風呂で体を洗わない」という入浴方法をする人が、増えている。タモリがメディアで話したことで、話題になった。

その他に、

  • 妻夫木聡
  • 福山雅治
  • ローラ

などが、お風呂で体を洗わないことが知られている。

スポンサーリンク

ボディソープでは、体を洗わない

「お風呂で体を洗わない」といっても、入浴をしないわけではない。基本的には毎日、入浴する。

しかし、普通の人が行うように、

  • 石けんやボディソープを使って、ボディタオルでゴシゴシ体を洗う

ということを行わない、という意味だ。

スポンサーリンク

お風呂で体を洗わないメリットとは?

実は、石けんやボディソープを付けて、ゴシゴシと体を洗わなくても、私たちの体は自然と角質(あか)がはがれて、キレイな肌をキープする力が備わっている。

しかし、石けんやボディソープを付けて体を洗うと、その正常な働きを、妨げてしまうケースがある。

というのも、石けんやボディソープは「アルカリ性」。一方、肌の表面は「酸性」。

石けんやボディソープを使って体を洗うことで、アルカリ性に肌が傾いてしまい、本来の肌の働きを妨げてしまうのだ。

スポンサーリンク

お風呂で体を洗わないのは、一人暮らしの人向けのメソッド

お風呂で体を洗わなくても、湯船にゆっくりと浸かること、汚れは自然と浮き上がって取れていく。

これが、お風呂で体を洗わないで、清潔さをキープするための重要ポイントになる。

しかし、想像するとわかるように、本来は洗い場でボディソープを付けて体を洗い、シャワーで洗い流していた分の汚れが、浴槽の中に浮くことになる。

家族で暮らしていて、複数の人が同じお湯に入る場合、次の人は汚れまみれのお風呂に入ることになってしまう。

以上から、「お風呂で体を洗わない」というのは、一人でお風呂のお湯を独り占めできる、一人暮らしの人向けのメソッドという面がある。

タモリほどの人になれば、家族と一緒に暮らしていても、毎回お湯を入れ換えるのかもしれないけれど、なかなかそれがかなわない人にとっては、難しい美容法かもしれない。

スポンサーリンク

公共施設(温泉やジムのお風呂)ではボディソープでしっかり洗うのがマナー

ちなみに、公共施設(温泉やジムのお風呂)で入浴するときには、汚れを浴槽内で浮き上がらせるのはマナー違反。

ボディソープを使って、きちんと体を洗うようにしよう。

スポンサーリンク