小山慶一郎、いつから二重まぶたの手術した?それともしていない?美容外科の専門医が判定

8月21日に放送された『しゃべくり007』(日本テレビ系)で、「二重にイジった」という告白が物議を呼んだ、小山慶一郎。

今週発売の週刊誌で、専門医が、小山慶一郎は二重まぶたの手術をしたのかしていないのか、判定していた。

スポンサーリンク

しゃべくり007で「最近二重になった方」と紹介

しゃべくり007のオープニングトークでは、小山慶一郎と同じくゲスト出演した羽鳥慎一のことを「二重がくっきりな方」と紹介する一方、小山慶一郎のことを「最近二重になった方」と紹介。

最近、小山慶一郎が目を整形したといううわさが出ていることを受けての、いじりだった。

今週号の週刊女性では、テレビ局関係者が次のように語っている。

もともと、涼しげな重の目が特徴的だっただけに、MCの上田晋也さんや有田哲平さんらが小山さんの目について“イジったんでしょ?”“正直に言っちゃいなよ”とあおりまくってましたね(笑)。

しかも、今年の『24時間テレビ』のテーマが告白だったことも後押しとなって、二重にしたと冗談で言ったんです。

もちろん、その後すぐに否定していましたが、整形のウワサに本人が言及したのは驚きでしたね。
週刊女性2017年9/12号

番組内では、二重になった理由について説明

しゃべくり007の番組内では、二重になった理由について説明する場面まであった。

「今年に入って、ニ重になったそうです。なんでも、お酒を飲みすぎた日があって、翌朝起きたら二重になっていたんだとか。

それから、ずっとニ重のままになっているらしいですよ」
週刊女性2017年9/12号

スポンサーリンク

美容外科医が小山慶一郎の写真を見て判定

記事内では、水の森美容外科の総院長・竹江渉氏に、取材している。

竹江氏は、2012年の小山慶一郎と、現在の小山慶一郎の写真を見比べた上で、次のように語っている。

二重にする手術をしていない可能性が高いですね。

12年は一重か奥二重に見えます。

年齢を重ねると、まぶたの状態が変わってくるんですよ。

朝起きてむくんでいたり、いろいろな影響(たるみや目のくぼみなど)でどこかに“クセじわ”ができることがあります。

小山さんのまぶたの上の線も、クセじわによってできた可能性が高いです」
週刊女性2017年9/12号

つまり、小山慶一郎の二重は、二重手術ではなく、老化の可能性が高いということだ。

時間がたっても、二重が継続することはありうるのだろうか?という問いには、次のように答えている。

「ありえますよ。最初に型ができて、日によって戻っていくということもありますが、それを繰り返しているうちに定着していくことはよくあることです」
週刊女性2017年9/12号

週刊女性2017年9/12号

おすすめ記事

スポンサーリンク