かとうれいこ、48歳で納得のいくボディラインになったと語る。美肌は石井クリニックのフィンギーマスク効果

美ST 10月号に、かとうれいこが登場。美魔女としての、等身大の努力について語っていた。

過去の自分を、「あの頃はほんとムチムチしていました。自分で見るのも恥ずかしいですね(笑)」と振り返り、48歳の今、納得のいくボディラインになったのだそう。

スポンサーリンク

かとうれいこいわく「48歳に必要なのは運動」

美の秘訣を尋ねられて、「特に何もしていない」と答える女性もいるけれど、かとうれいこは、

  • 「何もしていないじゃなくしています。
    ジムに行かない週は体調を崩すことも。
    48歳に不可欠なのは運動です」

と語っている。

昨年から、ほぼ毎日、ジムでの筋トレに励んでいるそう。

昨年5月からジムでほぼ毎日筋トレプログラムに参加しています。

それに伴い運動欲が加速し、ボクシングも始めました。すごく楽しいんですよ。

数年前から、これまでつかなかったところに脂肪がつき始めたのがきっかけでした。

入会直後は幽霊会員だったのに、日に日にボディラインがゆるんできたのを実感、必要に迫られてしっかり通うようになりました。

すると周囲から「痩せた」と言われ、体重は変わらないのに、脂肪が筋肉になったようで見た目が変化。

今や行かない週は体調を壊すことも。40代後半にとって、運動は美容健康維持に欠かせないと実感しています。
美ST(ビスト) 2017年 10 月号 [雑誌]

スポンサーリンク

40歳を境に体力が低下し、美容チェックを開始

かとうれいこは、40歳になったとき、風邪を引きやすくなって、体の変化を実感したという。

40歳になったときも、途端に風邪をひくようになり体力と免疫力の低下を痛感。

冷たいものを飲まないなど体を冷やさないことを心掛け、同時に雑誌や友人に聞いて美容チェックを始めたのが40代のスタートでした。

今も家庭がべースに変わりはありませんが、徐々に仕事復帰、空いた時間をママ友ランチだけでなく、自分磨きや仕事に使うようシフトしていきました。

特に20代は仕事以外何もしてなかったので、前から興味があった習字・料理・フラダンスを習い始め、人生が豊かになりましたね。

落ち込むことって滅多にないの。すぐけろっと立ち直るほう。夫とも仲良し夫婦で、幸せですね。

8年後も今を維持していたい。それには自分の体のリズムを把握し、甘やかさす頑張りたいですね。
美ST(ビスト) 2017年 10 月号 [雑誌]

スポンサーリンク

かとうれいこがやめたことは「チョコレート」

40代に入ってから、健康や美容に配慮しだしたというかとうれいこが、やめたことは「チョコレート」だそう。

低糖質な体質で、寝起きがスッキリしないために、朝イチにチョコレートを食べることを週間にしていたが、体重に反映してしまうため、数年前にやめたとのこと。

スポンサーリンク

かとうれいこが始めたことは「筋トレ」と「石井クリニックのフィンギーマスク」

一方、かとうれいこが始めたことは、まず前述の通り、ジムでの筋トレ。

「毎日筋トレプログラムに参加している」と語っているので、かなり本格的に取り組んでいる様子がうかがえる。

また、自宅ケアとして、腹筋ローラーも使っているそう。

Soomloom アブホイール エクササイズウィル スリムトレーナー 超静音 腹筋ローラー エクササイズローラー 膝を保護するマット付き

購入当初はまったくできなかったのに、徐々に動かせる距離が伸び、腹直筋が鍛えられていることを実感しているそう(エクササイズウィル スリムトレーナー

また、もうひとつ、青山にある石井クリニックの、生きた酵母入りの「フィンギーマスク」というローションを使ったマスクをしているそう。

THE FINGGY|Dr.ISHII(ドクターイシイ)クリニックエステティックサロン | Dr.Ishii

シミやシワが一気に解消して、1カ月に1本ペースでリピートしているのだとか。

美ST(ビスト) 2017年 10 月号 [雑誌]

スポンサーリンク