森星、アネッサのCMですべての水着が似合わずに愕然とする

森星スタイルブック『starlish*』

パーフェクトにしか見えない森星だが、『VOCE 2017年8月号』で胸の内を吐露していた。

スポンサーリンク

天真爛漫ハッピーオーラの影に隠された苦悩

VOCE 2017年8月号』によると、スタッフに森星の印象を聞くと、

  • 天真爛漫
  • ハッピーオーラ満載
  • いつも笑顔のムードメーカー

と、皆が声をそろえていうそうだ。

実際に、森星には「かわいらしい」というイメージがつきまとう。

しかし、実は、森星にとってそれは、苦手分野だというのだ。以下引用。

「周りの人たちが求める“森星”は可愛さだったりするんですけど、本音を言うとちょっびり苦手分野(笑)。

それでも私は末っ子というのもあり、甘えん坊ゆえの“可愛い”がずっと通用するのかも?なんて思っていたのですが、甘かった(笑)。

そんな可愛さだけじゃダメになる日は必ず来ちゃうんですよね」
VOCE 2017年8月号

スポンサーリンク

ANESSA(アネッサ)のCM撮影で愕然とした森星

「そんな可愛さだけじゃダメになる日は必ず来ちゃう」と語る森星だが、そのきっかけのひとつが、アネッサのCM撮影だったのだとか。

「初めて自分ひとりだけにフォーカスしていただいたCMなのに、撮影の10日前に行われたフィッティングで、どの水着にも自分のボディが“似合わない”と思ったんです。

正直、愕然としました。ああ、今のままじゃダメなんだって。自分で自分を叱らないと。

自分で気づいて変わっていくしかないんですよね」
VOCE 2017年8月号

そのアネッサの広告に登場している森星とはこちら

できあがったものを見ると、似合っているようにしか見えないので、本番までに調整したのかもしれない。

スポンサーリンク

 25歳の誕生日は大好きなNYで迎えた森星

森星は現在25歳だが、25歳の誕生日はニューヨークで迎えたそう。

そこで、改めて自分に気付くことができたのだと語っている。

「そこで、以前からカッコいいと思っていたモデルさんと会う機会があり、今私が目指しているのは“自信を持って自分の強さを見せること”だと改めて認識しました。

今はそうするのが断然心地いい!

でも決して可愛さを消したいわけじゃなく、強さを立たせることで自然と出てくる笑顔や“柔らかさ”は大切にしたい。

25歳という年齢は“モデル”という職業にとっては難しい時期。

だからこそ私にしかできない“森星スタイル”と胸を張れる女性像を確立したいって、そう思います!」
VOCE 2017年8月号

記事全文はこちら

スポンサーリンク