年齢不詳女の代表YOU、ノースリーブを捨てる。若作りとたたかれない若さの秘訣

YOUのこれからこれから 人生編

今週の女性セブンでは、「愛される年齢不詳女・嫌われるサバ読み女」を特集。

その記事内で、YOUが「肩肘張らずにノースリーブを捨てたYOU」として、絶賛されていた。

スポンサーリンク

「若作りイタい」とたたかれないようにするためには…?

記事では、

  • 年齢不詳女として愛される女性
  • 必死すぎてイタいとたたかれる女性

の2つの違いを分析している。

以下、コラムニストのジェーン・スーンさんのコメント引用。

「自分の中で何が幸せかを定義すべき」とスーさんは提案する。

「他人を基準にしちゃうから自分の中に無理が出てきちゃう。

今はみんなが同じテレビを見てたり、同じ雑誌を読んでる時代じゃないでしょ。

趣味もライフスタイルもこれだけ多岐にわたってるんだからみんなからOKをもらう方法はないのよ。

だから、心地良い身の丈を模索していくのがいい。いくつになっても」週刊女性セブン 2017年 5/11・18合併号

YOUは今年、ノースリーブへのこだわりを捨てた

年齢不詳で愛される女の代表格として、記事内に登場するのがYOU(52歳)。

YOUは、

  • ノースリーブへの強いこだわり

を持っていたことが有名。

確かに、テレビに出ているYOUの姿をイメージすると、必ず、「ノースリーブ」だ。

そのこだわりは、

  • 気に入った服でも袖があるものは、わざわざ自分で切ってしまう

ほどだったという。

そんなYOUが、今年に入って、ノースリーブをやめたらしい。

以下、記事内のおぐねぇーの言葉引用。

捨てるものがあったら、逆に何か拾うものもあるのが、女の人生の面白いところでもある。

おぐねぇーがこんな話をしてくれた。

「YOUさんもね、あれだけノースリーブしか着ないとか言ってたけれど、今年になってからそれやめたんですって。

寒いから袖のあるの着るわ、って(笑い)。

でもそのこだわりを捨てた分、その脱力感から逆に親しみ感が出てきたり、おしゃれの幅が広がりました」
週刊女性セブン 2017年 5/11・18合併号

スポンサーリンク

補足:2014年のニュースではノースリーブ全開

ちなみに、ここまで2017年5月の女性セブンから引用したが、3年前のYOUが49歳時点では、ノースリーブ全開の芸能ニュース記事が出ていた。

以下、エキサイトニュースより引用。

言われないと気付かないものだが、バラエティで活躍中のタレントYOUは、何故かいつもノースリーブの服しか着ない。

「YOUさんはテレビに出るときは真冬でもワンピースなど必ず袖のない服ばかりを選んでいるんです。スタイリストの間では有名な話ですよ」(フリースタイリスト)

49歳という彼女の年齢を考えれば、普通は肌を隠す服を好むはず。女性ならば人前に出るときは常に露出の多い服装で、というサービス精神なのだろうか。

そのかいあってか、最近ではバラエティ番組だけでなく女性ファッション誌にも度々登場し、さらに活躍の幅を広げたYOU。まさに狙い通りの戦略かと思いきや、本当の理由は意外な所にあった。

「サービスではなくて、単に昔から袖と襟が大嫌いなそうなんです。動きにくいからなんでしょうか。サバサバした性格のYOUさんらしいですね。プライベートの飲み会すら真冬でも肩丸出しのワンピースでくるそうなんです。そんなんだからブラひもチラリは当り前で、一緒に飲んでいる男性は目のやりどころに困るらしいですよ(笑)」

今後もYOUの熟女エロスから目が離せない。
エキサイトニュース

「袖と襟が大嫌い」と言っているので、今は大丈夫なのかな?と若干心配になる。が、それ以上に、体を温める方が優先順位が高くなったのだろう。

スポンサーリンク