綾瀬はるか、30代になってアイクリームを始めた。

美的(BITEKI) 2017年 06 月号 [雑誌]

今月号の美的、表紙は綾瀬はるか。美的には、久々の登場。

スポンサーリンク

「大人」の空気をまといだした綾瀬はるか

記事によれば、久しぶりに登場した綾瀬はるかは、透明感はそのままに、大人の雰囲気をまとっていたという。以下引用。

久しぶりに「美的」に登場してくれた綾瀬さんは、透明感はそのままに大人の雰囲気をまとっていました。

自身の周りにいる素敵な女性たちに、背中を押されながら成長してきたと言います。

「セクシーって、眼差しに表れるのかな」。

そうつぶやいた綾瀬さんの眼差しにはまっさらな豊院めきが満ちていました。
美的 2017年6月号

長時間の撮影でできがちな乾燥ジワを、アイクリームでケア

SK-IIのキャラクターとしても知られる綾瀬はるか。

30代になって、アイクリームを使い始めたのだとか。

30代からアイクリームを使い始めた。長時間の撮影でできがちな乾燥ジワをケアしているそう。

「日々の変化に気づくことが、“自分を更新”することにつながるのかなと思います。

今はその日の自分をリセットするようにもしていて、どんなに疲れていても、お風呂には必ず入るんです。

1日のすべてを洗い流すと心も体もクリアになる気がするから」
美的 2017年6月号

また、自分をリセットするために、「掃除」もしているという。

「後は、お掃除。

私は心の状態が部屋に出てしまうのですが、掃除すると、生き生きしてきちゃう(笑)。

日常を整えるって大事ですよね」
美的 2017年6月号

スポンサーリンク

お米にキヌアを入れて炊き、おかかチーズおにぎりがお気に入り

今のような売れっ子になる前には、激太りしてビューティコロシアムに出演経験もある、綾瀬はるか。

もともとは太りやすい体質だと思われるが、栄養バランスを考えた食事で、体型をコントロールしている様子。

食事は、たんばく質をとることを心掛け、ジムに行った日は糖質もとるなど、栄養バランスを意識。

「でもたまに、夕食はあんばんだけ…というときもあって、ジムの先生に怒られます(笑)。

最近は、お米にキヌアを入れて炊いています。

朝、おかかとチーズを混ぜたおにぎりを作って、移動中に食べるのが気に入ってます」
美的 2017年6月号

ふわりとした雰囲気ながら体育会系の綾瀬はるか

綾瀬はるかは、雰囲気は柔らかいけれど、中身は体育会系。

とことんやり遂げるストイックさも持っている。

ふわりとした雰囲気ながら、実は体育会系。

演技をとことん追求するストイックさを併せもつ。

「でも、本当は怠け者なんです」と綾瀬さん。

「怠けたい、やりたくないと思う度に、自分に負けたくないと思って頑張る…の繰り返しです。

仕事は経験を重ねて少し余裕が出てくると、細かい部分に目が行って、越えるべきハードルが増えていく。

演じることは年々難しくなるし、クランクイン前はいつも怖いですが、私にできることは現場でべストを尽くすことだけ。

目の前のことを積み重ねた先に、道が開ける気がしています」
美的 2017年6月号

美的 2017年6月号

スポンサーリンク