亀梨和也、山Pや木村拓哉との出会いは運命だったと語る

美容雑誌の「MAQUIA」には、「亀カメラ」という亀梨和也の連載が掲載されている。

今月号では、「山Pや木村くんとの出会いは運命だった」と語っていた。

スポンサーリンク

「夢は“運命”に変わって叶った。どう向き合うかは自分次第」

今月号は、「夢は“運命に変わって叶った。でも、その運命に気付くか、どう向き合うかは自分次第だよね」と題されている。

MAQUIA(マキア)2017年6月号

この号のP144に掲載(MAQUIA-6月号

出だしは、少年野球時代の回想から。

“自分の運命”について考えた時に最初に思い浮かぶのは、少年野球のこと。

当時は、甲子園に行くことやプロ野球選手になることを夢見てやっていた。

その夢は叶わなかったけれど、あの時に野球をやっていたからこそ、ジャニーズに残れてたのかなと思う。

新人ジュニアの1人だったのに、野球少年だったから、野球関連の仕事には最初から呼んでもらえた(笑)。
MAQUIA 2017年6月号 | P144

スポンサーリンク

「夢って、時に思いがけない形で叶うことがある」

KAT-TUNとしてデビューし、夢だった甲子園のマウンドも東京ドームのマウンドも、「タレント・亀梨和也」として踏んだ。

これを、亀梨和也は「運命じゃないとしたら、何と呼べば良い?」と言い、夢は時に思いがけない形で叶う、と語る。

夢って、時に思いがけない形で叶うことがあるんだよね。

「ジャニーズに入ったからにはデビューしたい」
「月9ドラマに主演したい」
「ベストジーニストをとりたい」
「街で見かけた家に住みたい」……etc.

いつか見た夢が叶ったのは“運命”のおかげ。
MAQUIA 2017年6月号 | P144

ただし、その“運命”に気付くかどうか、向き合うかどうかは、「自分次第」なのだという。

スポンサーリンク

「夢を運命に変えるにはコツがある」

夢を運命に変えるためにはコツがある。自ら運命に気付き、向き合わないと叶わない。

その運命に気づいて向き合うかは自分次第だよね。

夢を運命に変えるには、たぶん、コツがある。

たとえば、オレの場合、夢が生まれたら、いつもそれについて無意識に考えている。

だから、どこへ行くか、誰に会って何をするか、小さな行動も、全ては夢への道筋につながりそうな方を自然と選んでる。

いつも、夢の真ん中じゃなくて、少し先を見ているんだよね。
MAQUIA 2017年6月号 | P144

スポンサーリンク

「人との出会いも運命」「山Pとの再会も運命」

亀梨和也には、「6人の憧れの男性」がいた。

その内、5人には出会えたのも、運命だと語る。

人との出会いも運命だなと思う。

オレが子供の頃に憧れていた6人の男性……ジョニー・デップ、イチローさん、松井秀喜さん、木村拓哉くん、X JAPANのYOSHIKIさん、レオナルド・ディカプリオのうち、ディカプリオ以外の5人は出会えたのも運命だと思うし(笑)。

KAT-TUNのメンバーにだって当然、強い運命を感じている。
MAQUIA 2017年6月号 | P144

そして、山Pとの再会は、亀梨和也にとって、特別なものだったようだ。

それから、山Pもやっぱり運命を感じるな。

同じグループでもないのに、19歳の時にドラマで共演して、デビュー前に一緒にCDまで出した。

しばらく疎遠になっていたのに、2年前のジャニーズカウントダウンコンサートで、タイミングよくまた組めて。

あの夜、改めて電話番号を交換してから、よく2人で遊ぶようになった。

「いつか2人で何かやれたらいいね」って自然と話していたことが、早くも現実になっている。
MAQUIA 2017年6月号 | P144

スポンサーリンク