松嶋菜々子、健康オタク。ジム通い&プロテインで筋肉にこだわる。コケた頬は復活の模様

日経ヘルス 2017年 05 月号 [雑誌]

今月号の日経ヘルス、表紙は松嶋菜々子。

  • 「あれっ、これって松嶋菜々子???」

と、2度見してしまったが、松嶋菜々子。メイクのせいか、老化なのか、目元がしぼんで小さく見える。

記事内では、美の秘訣について、語っていた。

スポンサーリンク

松嶋菜々子は、健康オタク

松嶋菜々子は健康オタクで、例えば18時以降は食べないそう。

お腹が空いたら、プロテインを飲むという徹底ぶり。以下抜粋。

変わらぬ美しさを保つコツは?と尋ねると、意外な言葉が返ってきた。

「私、健康オタクなんです(笑)」。

例えば食事に関しては、18時以降はできるだけ食べないと決めている。

「胃腸が休まるから、よく眠れるんです。

寝る前までにどうしてもお腹がすいたらプロテインをのんで良質なたんばく質をとります」。
日経ヘルス 5月号 | P139

スポンサーリンク

タンパク質にこだわる理由は「しなやかな筋肉を維持したいから」

松嶋菜々子に筋肉のイメージはないし、世間もそこは求めていないと思うのだが、彼女自身は、筋肉作りに余念がないらしい。

週に2回以上、ジムに通って、パーソナルトレーニングを行っている。以下抜粋。

「しなやかな筋肉を維持したいんです。

週に最低2回はジムに通って、パーソナルトレーニングを受けています。

マシンで40分ほど歩いてから筋トレを。

体を動かしたら、温冷の交代浴を1分ずつ6セット。

全身の巡りが良くなって自律神経も整うそうです」。
日経ヘルス 5月号 | P139

スポンサーリンク

松嶋菜々子、産後の不調に悩んで、努力した

松嶋菜々子が、健康にこだわるようになったのは、“産後の不調”がきっかけだったそう。

松嶋さんがこれほど自身の健康に意識を向けるようになったのは、産後の体調不良がきっかけだったとか。

「疲れやすくなったり食欲がなくなったり、弱った時期があって。

一度落ちてしまった体調を取り戻すために努力しました。

自分の体との上手な付き合い方がわかってきてからは、とても調子がいいですね」。日経ヘルス 5月号 | P139

ちなみに、そんな松嶋菜々子は山崎豊子作品のスペシャルドラマ『女の勲章』に出演するそうで、記事の最後は、その番宣で締められていた。

スポンサーリンク

「年を取ると頬のコケに悩むようになる」とリアルに語っていた松嶋菜々子

記事の紹介は以上で、ここからは余談。

10年くらい前に、めざましテレビに松嶋菜々子が出演していた。

その頃は、中野美奈子がまだ若手で出演しており、松嶋菜々子への美に関する質問として、

  • (自分のほっぺたをつまみながら)「このお肉がイヤなんですけど、どうすれば良いですか」

と尋ねた(若手ながらの、未熟でかわいらしい感じで)。

すると松嶋菜々子は苦笑した感じで、

  • 「あと何年かすれば、それがすごく大切なものになるので、そのままで良いと思います」

と答えた。

確かに、その頃の松嶋菜々子は、絶対的な美の存在として扱われながらも、どう見ても、頬がコケるという老化現象が始まっていた。

それで、スタジオでは、フォローするでもなく(そもそも、明確に松嶋菜々子は自虐しているわけでもないのでフォローしようがない)、なんだか微妙な空気が流れていた。

そこから、タンパク質の摂取によって、何とか頬のコケも持ち直したのかな?なんて、邪推してしまった。

スポンサーリンク