入山法子は、ぽっちゃり下半身&困ったハの字眉毛コンプレックスを克服

入山法子は、ぽっちゃりの下半身や、困ったように見えるハの字眉毛が、コンプレックスだったそう。

スポンサーリンク

入山法子のプロフィール

  • 生年月日:1985年8月1日(31歳)
  • 出身地:埼玉県
  • 来歴:
    • 2004年:週刊朝日でモデルデビュー。
    • 2006年:ドラマ『マイ☆ボス マイ☆ヒーロー』で女優業を本格化。

入山法子のコンプレックスは、母親似のぽっちゃり下半身

すらっと細身に見える入山法子だが、下半身はどっしりとしていて、コンプレックスを抱えている様子。

それは、母親譲りなのだそう。

ジムや自宅でのワークアウトで、ぽっちゃりしないように努力していると、雑誌で語っている。

「母親の体型に似ていて、油断するとお尻と太ももがぽっちゃり(笑)。

定期的に通うジムでは骨盤を締めて&立てながら筋肉をつけるなど、下半身改造について勉強するように。

作品に入っちゃうとなかなか通えないので、自宅でマッサージ&カラダを動かして、自分に“罪悪感を感じさせない”程度を死守するのがポイントです」
VoCE 2017年3月号 | P71

スポンサーリンク

「うじうじ悩み続けた」ハの字型の眉毛

「ハの字型の眉毛」については、芸能の仕事を始めてから、「悩み続けた」のだそう。

「笑っているのに困ってるふうに見えちゃうから、この仕事を始めたときは眉の形にうじうじ悩みましたが、先輩女優さんの“自分らしくすごす”姿を見ていたら、それがすごく力ッコよくて。

困り眉も流行りじゃん!と気が付いて逆にメイクが楽しくなりました!」
VoCE 2017年3月号 | P71

最近は、海外のモデルや芸能人にせよ、国内の女優やモデルにせよ、

  • 自分らしく過ごす

ことの大切さに気付いて、コンプレックスを手放し、さらに才能を開花させていく人が多い。

首、フェイスライン、肌質にも悩みを抱えている入山法子

この他にも、

  • 長すぎる首
  • こけやすいフェイスライン
  • 人より日焼けしやすい肌質

にも、悩みを抱えていたのだそう。

ながーーーーい首

「首、長くないですか。シャツの第一ボタンとアゴの位置がいつも納得いかない……(苦笑)。

でもこの仕事を始めて『それは長所だよ』と言われたし、よく見ると父と母にそっくりなんですよね。

自分が年齢を重ねたせいか最近は何だか愛おしく感じてきました」
VoCE 2017年3月号 | P71

自己受容度が上がるとともに、コンプレックスもチャームポイントに変わっていった様子。

フェイスラインと肌質は、チーク&日焼け止めでカバー

こけやすいフェイスラインをカバーするために、チークの入れ方にはかなり気を遣っているそう。

また、人より日焼けしやすい肌質で、体育の授業だけでひとりだけ真っ黒になっていたほど。

そのため、撮影中でも日傘を手放さず、冬も日焼け止めをしっかり塗っている。

お肌のお手入れも、

  • メイクをきちんと落とす
  • たっぷりうるおす

を信条にケアしているとのこと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク