泉里香は太って見える大きなバストがコンプレックスだった。丸顔矯正も実施

何の悩みもなさそうに見える泉里香も、たくさんのコンプレックスを抱えていたのだそう。

スポンサーリンク

泉里香のプロフィール

  • 旧芸名:浜千咲/梨華/泉里果
  • 生年月日:1988年10月11日(28歳)
  • 出身地:京都府京都市伏見区
  • 事務所:スターダストプロモーション
  • 来歴:
    • 2003年『melon』専属モデル
    • 2008年『Ray』専属モデル
スポンサーリンク

小顔矯正サロンで、丸顔を矯正

泉里香は、もともと丸顔で、小顔矯正サロンに通って、丸顔を矯正したのだそう。

元々丸顔で、それを克服するために通ったのが小顔矯正サロン。

しばらく通ううちにむくみが取れ、輪郭がひと回り小さくなりました。
VOCE 2017年3月号 | P68

小顔矯正サロンだけでなく、ヘアスタイルでも、小顔に見えるようにこだわっている。

小顔に見えるように美容師さんにお願いして、前髪の幅やフェイスラインの髪の量を調節してもらってます。
VOCE 2017年3月号 | P68

スポンサーリンク

「胸が大きいと太って見える」という悩み

泉里香は、モデルなので、「胸が大きい」というのはハンディキャップだった様子。

雑誌で、次のように語っていた。

胸って大きいと太って見えるんです。流行りの洋服を着ても全然オシャレに見えないし。
VOCE 2017年3月号 | P68

洋服をオシャレに着こなせないのが嫌で、胸を小さくするために、ジムに通ったのだそう。

それが嫌で『痩せれば小さくなるんじゃないか?』とジムに通い始めて3年半。

結局胸はそのままだったけど、ほかのパーツが引き締まったことですっきりした印象になれました。
VOCE 2017年3月号 | P68

「小さくしようとしても小さくならない胸」なんて、小胸で悩む人にとってはうらやましい話かもしれない。

しかし、モデルにとって、大胸はメリットになりにくいのは、確かなこと。

スポンサーリンク

猫背の矯正にも、熱心に取り組む

泉里香は、もともとモデル体型だったわけではなく、努力によって、モデル体型を手に入れた人、という印象。

モデルにとって致命的ともいえる、

  • 猫背

を抱えていたけれど、それもジムや矯正の先生のアドバイスを受けて、治したのだそう。

元々内股ぎみで、姿勢が悪かったんです。

そこでジムや矯正の先生に歩き方を指導してもらったり、普段から背筋を伸ばして過ごすように意識することで少しずつ改善できました。

太ももやお尻の筋肉のつき方も変わり、ボディラインが整うという嬉しい副産物も!
VOCE 2017年3月号 | P68

スポンサーリンク

むくみやすい体質は、岩盤浴でケア

モデルといえば、撮影前日にさまざまなむくみ対策を行うことが知られている。

泉里香は、特にむくみやすい体質なので、岩盤浴などで小まめなケアが欠かせないと、語っている。

油断するとすぐむくんしゃって、ひどいときには二重の幅が変わるほど。

夜は塩分を摂りすぎない、毎晩必ず湯船に浸かる、時間があったら岩盤浴に行くなどこまめなむくみ対策が欠かせません。

トレーニングで筋肉をつけることもむくみ防止に繋がっていると思う。
VOCE 2017年3月号 | P68

スポンサーリンク