ハリーポッターのエマ・ワトソン、「ノーブラ」で大論争に

ハリーポッターのエマ・ワトソンがノーブラで登場して、大論争を引き起こしている。

スポンサーリンク

エマ・ワトソンのプロフィール

  • 生年月日:1990年4月15日(26歳)
  • 出身地:イギリス
  • 来歴:
    • 2001年:『ハリー・ポッターと賢者の石』ハーマイオニー役でデビュー
    • 2009年:「過去10年間で最も興収を稼いだ女優」としてギネス・ブック掲載
スポンサーリンク

物議を醸した「ノーブラ」事件とは?

事の発端は、『Vanity Fair』誌の3月号で、エマ・ワトソンがほぼトップレスのショットを披露したこと。その写真が下記(Instagramより)。

スポンサーリンク

何が問題なの?

エマ・ワトソンは、今まで、「ジェンダーの平等」を掲げる運動に従事していた、という背景がある。

彼女は“ジェンダーの平等”を目的とした国連ウィメンの親善大使に選ばれるなど、フェミニストとしても活動してきた。
そんな彼女が米国版ヴァニティフェア誌で披露したノーブラ姿が、フェミニズムの精神や彼女のこれまでの言動に反しているのではないかと大論争を引き起こしている。
FRIDAY 2017年3月24日号 | P37

つまり、エマ・ワトソンは、

  • 女性性を男性の性的嗜好の対象として扱う

    ことや、
  • 女性性を商業的に利用する

ことに対して、反対する立場だったのに、

  • 思いっきりセクシーすぎる

突然、ショットを公開したのだ。

それに対して、

  • それって、今まで言ってきたことと矛盾してない??しょせん偽善者なんじゃない?

と反論する人と、

  • いやいや、なんで露出しちゃいけないのよ。それこそジェンダー差別でしょうよ。

と擁護する人が、SNS上で入り乱れて大論争になっているのだ。

スポンサーリンク

エマ・ワトソンのコメントは?

エマ・ワトソンは、ロイターの取材に対して、次のように答えている。

「フェミニズムとは女性に選択肢を与えるもの。

他の女性を叩く杖ではないわ。自由であり解放であり、平等であるものよ。

私の胸がなぜそれと関係があるのか、本当にわからないわ」
FRIDAY 2017年3月24日号 | P37

そして、図らずも、エマ・ワトソンは、話題沸騰中のディズニー実写版『美女と野獣』の公開を控えている。

その宣伝に一役買ったのではないか、という見方が大きい。

スポンサーリンク