長谷川潤、美しさの秘訣はアーユルヴェーダやヨガ、キーワードはエフォートレス

長谷川潤は、30代になって「今が一番好き」だという。

スポンサーリンク

長谷川潤のプロフィール

  • 生年月日:1986年6月5日(30歳)
    • 既婚・2児の母
  • 出身地:アメリカ・ニューハンプシャー州
  • 来歴:
    • 2005年  ViVi専属モデル
    • 2009年 グータンヌーボ レギュラー
    • 2010年 アナザースカイ レギュラー
    • 2013年 GLAMOROUS表紙

自分軸でシンプルに生きる長谷川潤

長谷川潤は、実はすでに2児の母。

25歳で結婚し、若い頃から自分軸を貫き通してきたように見えるが、意外と20代前半までは「好かれたい自分」がいたらしい。

「10代〜20代前半は『どう見られてるんだろう?』とか『どう思われているのかな?』とか、みんなに好かれたくて意識が“外”ばかりに向いていたんだけど、初めての妊娠・出産をキッカケに大きな責任感が生まれて、そのためには『私らしく生きて、子供に誇れる自分でいよう!』そう思ったの。(中略)」
VoCE 2017年4月号 | P50

VoCEのインタビューでは、そんな自分が「妊娠・出産」をきっかけに変わっていった様子が描かれている。

自分のことを、「すべてにおいて敏感に反応しやすく、ブレやすい性格」と評する彼女は、だからこそシンプルな中に自分を置くことを意識しているという。

美容法としては、

  • アーユルヴェーダ
  • 摂取する油にこだわる
  • しっかり寝る
  • 水分を意識して取る
  • ヨガ

ということを挙げている。

「自分に適したアーユルヴェーダに基づく食をできる範囲で取り入れ、摂取する油にこだわり、しっかり寝て、意識的に水をたくさん飲むように。あとは、ヨガ。

その結果、以前は常に違和感のあった腸がまず軽くなって、疲れにくい身体になった。

エネルギーにあふれ、20代より今のほうが確実に元気。そういう点でもやっばり今の自分がいちばん好き!」
VoCE 2017年4月号 | P50

シンプルでいながら本質的な体のケアに取り組むことで、20代の頃よりパワフルな体を手に入れたとのこと。

確かに、VoCE 4月号の写真の長谷川潤は、肌がとてもヘルシーで、ナチュラルビューティーを体現している感じ。

ナチュラルを極めている人って、そこに固執して、時に硬くなりすぎていることがあるけれど、長谷川潤には、一切それがない。

むしろ、やわらかくしなやかで、柔軟性が増しているようにさえ見える。

こんな穏やかなナチュラルビューティーなら、目指したくなる。

スポンサーリンク

長谷川潤のキーワードは「エフォートレス」

ここのところ、トレンドは「素肌っぽさ」が続いている。

長谷川潤は、「エフォートレス」をキーワードにしているそう。

エフォートレスとは?
エフォートレス【effortless】とは「努力を必要としない・無理のない・肩肘を張らない」という意味で、2015年頃からエフォートレスなファッションがトレンドに。カッチリしすぎない、抜け感のあるスタイルを指す言葉。

さりげないのに、ステキ!その“実は計算しているんだけど、そう見せないテクニック”というものをファッションでもメイクでも常に研究してるんです。

私のスタイルをつくるうえで“エフォートレス”は重要なキーワード。

年齢とともに好きなファッションがシンプルになって、こだわる視点がシルエットや素材へと変わってきたように、メイクも基本を見直しとにかくベースを大事にしたいと思うようになりました。

だから肌も何もしてないように見えるのに、ちゃんとキレイ。みなさんの目にそう映っていたら大成功!(笑)
VoCE 2017年4月号 | P53

さきほど、長谷川潤の肌を「とてもヘルシー」と書いたのだけれど、どうやら計算されたヘルシーのようだ。

この前の記事で書いた北川景子も、徹底してベースにこだわり、光まで含めて計算していたけれど、長谷川潤もやはりプロ。

計算され尽くしたヘルシーにひそむ素肌感は、私たちをドキッとさせるような色気と女らしさを、漂わせている。

スポンサーリンク
スポンサーリンク