海外セレブは、コスメ(化粧水やパック)を冷蔵庫に保管するらしい

美肌の海外セレブたちの間では、「化粧品を冷蔵庫に保存する」というスキンケア・テクニックが流行中。

スポンサーリンク

“コスメは冷蔵庫に保管”

GOSSIPS 2017年4月号より引用。

美肌セレブたちの朝のお気に入りスキンケア・テクニックが、冷蔵庫で冷やしておいたコスメを使うということ!

冷却効果でムクミや毛穴の開きを改善し、より引き締まった肌に。
GOSSIPS 2017年4月号

モデルの超最高峰であるヴィクシーエンジェルで、小顔で有名なリンジー・エリンソンも、コスメを冷蔵庫に保管しているらしい。

「メイクアップアーティストに、保湿パックを冷蔵庫に入れておくといいってススメられたの。

朝使うと冷たい水で洗顔したように目が覚めるし、毛穴も引き締まるのよ」一リンジー
GOSSIPS 2017年4月号

確かに、1枚ずつ小分けにされているシートパックを冷蔵庫に入れておくと、「キュッ!!」と毛穴を引き締めたいときに役に立つ。

朝のメイク前に使えば、化粧ノリ抜群になるので、毛穴やテカりが気になる人は取り入れたい技。

スポンサーリンク

コスメを冷蔵庫に入れても大丈夫?

ところで、前述のGOSSIPS 2017年4月号の記事内では、小さな文字で、

※コスメによっては、冷やすことで品質が低下したり肌へのダメージになったりする場倉があるので、冷やすことを推奨しているコスメで試すのがオススメ。
GOSSIPS 2017年4月号

という注釈がついていた。

結論からいえば、化粧品を冷蔵庫に入れても問題ない(そもそも、“冷やすことを推奨しているコスメ”なんてめったに見掛けないし)。

冷蔵庫程度(3〜6℃)の低温なら大丈夫

化粧品は市場に出る前に、安定性を確認する試験を行っている。

化粧品は、製造してから3年以上、品質を保持することが定められている。3年たっても品質の経時変化がないか、事前に0〜50℃などの温度設定で1〜2カ月の試験を行い、検査することが多い。

冷蔵庫の温度というのは、3〜6℃程度。冷蔵庫に入れると品質低下するコスメなら、そもそも寒い地方や冬の季節は、それだけで品質が低下してしまう。

普通の化粧品は、高温には弱い(腐敗や分離のリスクがある)けれど、冷蔵庫程度の低温ならまず問題ない。

一部の天然オイルが固まったり、一時的に色が変わったりすることはあるものの、常温に戻れば元に戻る。

スポンサーリンク

春夏肌の毛穴対策におすすめ

冬の間は、朝から冷蔵庫で冷やしたコスメなんて、とてもじゃないけど使う気にならない!という人も多いと思う。

冷やし技が真価を発揮するのは、なんといっても春から夏。毛穴が開いてだれた肌を、キュッ!と引き締めて整える効果が高い。

特に、

  • シートパック
  • オールインワンゲル
  • 引き締め系化粧水

などは、冷蔵庫で冷やしておくと、朝のケアに重宝する。

スポンサーリンク